【離婚で自宅売却】財産分与で損しないために重要なのは…?

「離婚で自宅を売却したい!でも何から始めればいいの…?」といった悩みを抱えていませんか?

自宅を売るならいつがいい?
夫(妻)に全部任せて大丈夫?

この記事では、そんなあなたの悩みを解決するために、離婚時の「自宅の売却のポイント」を分かりやすく紹介します!

  • 離婚で家を売るタイミングは?(▼詳細)
  • 【3ステップ】自宅売却の流れ(▼詳細)
  • 離婚で家を売却するときは双方が査定額を把握することが大切(▼詳細)
  • 自宅売却で最も重要なのは『複数の不動産会社に見積査定を依頼』すること!(▼詳細)
  • Bestinfo編集部おすすめ/不動産一括査定サイト3選!(▼詳細)

この記事が、あなたの離婚のお手続きのお役に立てば幸いです。


離婚で家を売るタイミングは?

離婚で自宅の売却をする場合、できれば離婚成立の前に売却が成立したほうが良いです。

ななので、なるべく早めに売却準備をスタートさせることをオススメします。

【離婚前に自宅の売却手続きを完了させるメリット】
  • 売却額がハッキリするので、財産分与の話し合いをスムーズに進めることができる
  • 売却額がプラスになった場合、新生活の費用に充てることができる
  • 売却後も住宅ローンが残るかどうか早めに把握することができる

また、一般的に、中古住宅は販売開始から成約まで数ヶ月~1年ほど掛かることがあります。

自宅売却が成立しないまま離婚を迎えた場合、その後も、元配偶者の方と連絡を取り合う必要が出てきます。

離婚届けの提出とともに、スッキリと新しい人生を始めるためにも、早め早めの行動が重要です。


【3ステップ】自宅売却の流れ

離婚で自宅を売却するときは、以下の3ステップで進めていきましょう!

①ローン残額と名義人を確認する
  • 現在残っている住宅ローン残額を確認する
  • 住宅ローンの名義人、住宅の所有者名義人を確認する
②不動産会社に家の価値を査定してもらう
  • 不動産会社によって、査定額に差が生じる場合があるので、複数の不動産会社に見積依頼をするのがオススメ
  • 査定価格と住宅ローン残額を差引し、オーバーローンかアンダーローンかを確認する
③自宅の売却が成立
  • 売却して利益が出る場合(アンダーローン)、利益を2等分して財産分与が完了となる
  • 売却してもローンが残る場合(オーバーローン)は、ローン残高の支払いなどについて話し合いが必要
オーバーローンとアンダーロンって?


自宅の売却についてインターネットで調べると「オーバーローン」と「アンダーローン」という言葉がよく登場します。

ここではそれぞれの言葉の意味をわかりやすく解説します!

【オーバーローン】
  • 自宅の査定価値よりもローンの残額が大きく、自宅を売却してもローンが残ってしまうこと
  • 「マイナスの財産」となるため、財産分与の対象とならない
  • 夫と妻どちらかが住み続ける場合は、今後の住宅ローンや修繕費を支払うことができるか検討が必要
【アンダーローン】
  • 自宅の査定価値がローン残額を上回り、売却することで利益が得られる状態のこと
  • 自宅を手放す場合は「自宅の売却額、売却にかかる経費、ローン残高」を差引した金額を2人で分ける(2等分とする家庭が多い)
  • 夫と妻のどちらかが今後も自宅に住み続けたい場合は、配偶者に清算金を支払うことで住み続けることが可能


離婚で家を売却するときは双方が査定額を把握することが大切!

離婚で家を売却するときに、最も大切なのは「双方が自宅の査定額を把握すること」です。

離婚により自宅の売却を経験した人の中には、配偶者に自宅売却に関する手続きを全て任せたら「本当の査定額よりも低い価格で書類を作成されて、財産分与で損をした」というトラブルに遭った方もいらっしゃいます。

自宅の財産分与で、1円も損をしないためには、必ず双方で自宅の見積査定を行い、自宅の査定額を把握した状態で話し合いを行うことが大切です。

あとくされなく、スッキリと離婚をするためにも、お互いが納得した上で財産分与の手続きを進めましょう。

自宅売却で最も重要なのは『複数の不動産会社に見積査定を依頼』すること!

自宅売却で最も重要なのは、複数の不動産会社に見積り査定を依頼することです。

なぜなら、不動産会社によって、査定の評価基準が異なることがあり、査定額に数万円~数百万円の差が出る場合があるからです。

「でも、自分の足で不動産会社を何軒も訪問する時間がない。。。」

そんな時は、不動産一括査定サイトの利用がオススメです。

インターネット上で簡単な情報を入力するだけで、複数の不動産会社からの見積り査定を一括で受け取ることができます。

なにかと忙しい離婚協議中こそ、便利なサイトを利用して、離婚の準備をサクサク進めましょう。

不動産一括査定をするならココ!おすすめサイト3選

ここからは、数ある不動産一括査定サイトの中でも、Bestinfo編集部が厳選したオススメサイト3選を紹介します!

【利用者数第1位】イエウール


上場会社の株式会社Speeeが運営する「イエウール」は、全国1600社に対応した無料一括査定サービスです。

国内の大手不動産会社はもちろん、地元密着型の優良不動産会社まで幅広く網羅し、最適な価格を提案してくれます。

申し込み時間 60秒
利用料 無料
利用者数 1,000万人以上
対象エリア 全国
こだわり検索 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、区分マンション(収益)、一棟ビル、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地


【利用者数第2位】イエイ不動産売却査定

セカイエ株式会社が運営する「イエイ不動産売却査定」は、1700社以上の登録者から最大6社の見積もりが取得できる不動産売却専門サイトです。

不動産の専門知識を持った専任スタッフが常駐していることもあり、利用者の満足度が高いサイトです。

申し込み時間 60秒
利用料 無料
利用者人数 400万人以上
対象エリア 全国
こだわり検索 マンション、一戸建て、土地、ビル一室、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、工場・倉庫、その他、店舗・事務所、農地・畑・田んぼ、山林


【利用者数3位】Smoola


マンションリサーチ株式会社が運営する「Smoola」は、売却したい物件の条件をヒアリングした上で、その物件の売却や賃貸が得意な不動産会社だけを厳選して紹介してくれます。

「あなたが売りたい不動産物件」と「その不動産物件の売却が得意な会社」をマッチングしてくれるサイトです。

申し込み時間 45秒
利用料 無料
利用者人数 360万人以上
対象エリア 全国
こだわり検索 中古マンション、中古一戸建て、新築一戸建て、土地


あなたにぴったりのサイトが分かる!
不動産一括査定サイト検索BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です